So-net無料ブログ作成

人体の構造と機能 第105回(神経系) [人体の構造と機能]

B)脊髄神経

a)脊髄神経のレベルによる分類

・脊髄神経は8対の頸神経、12対の胸神経、5対の腰神経、5対の仙骨神経、1対の尾骨神経からなっています。

b)脊髄神経の前枝と後枝

・脊髄神経は腹側に向かう前枝と背側に向かう後枝に分かれます。

脊髄神経と脊髄.png

c)神経叢(しんけいそう)

・脊髄神経が複雑にからみあってできるのが神経叢で、それには、頸神経叢、腕神経叢、腰神経叢、仙骨神経叢、陰部神経叢があります。

・腕神経叢は、第5~8頸神経の前枝と第1胸神経の前枝からなっています。

腕神経叢.png

・腰神経叢は、第12胸神経の前枝と第1~4腰神経の前枝からなっています。

・仙骨神経叢は、第4、5腰神経と第1~3仙骨神経の前枝からなっています。

・陰部神経叢は、第2~4仙骨神経で形成されています。

d)馬尾

・腰神経、仙骨神経、尾骨神経からなるものです。

馬尾.png

[設問] 脊髄神経は何対あるか?

イ 20対   ロ 28対   ハ 31対   ニ 36対           正解 (

[設問] 脊柱管内にあり、感覚神経細胞が集まった場所はどれか・

イ 後角   ロ 後索   ハ 後根   ニ 脊髄神経節         正解 (

[設問] 腕神経叢を形成するのは脊髄神経のどのレベルか・

イ C3 ~ C7

ロ C4 ~ C8

ハ C5 ~ Th1

ニ C6 ~ Th2                 正解 (


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Edwina

私はこのウェブサイトの記事を読むのに30分を費やしました。
コーヒーを飲みながら毎日レビューしています。
by Edwina (2018-03-04 14:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました