SSブログ

過去問を考えてみよう(2916) [過去問解析]

2916. 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律〈感染症法〉において、診断した際に全数を届け出る疾患はどれか。

1.インフルエンザ

2.細菌性髄膜炎

3.水痘

4.梅毒

                 正解(

[解説] 感染症法によって、診断した際に全数を届け出る疾患となるのは、梅毒です。正解は4


 次の設問に挑戦してください。

[設問]梅毒を届け出なるべき届け出時期はどれか。

イ.直ちに

ロ.2日以内に

ハ.3日以内に

二.7日以内に      正解は次回に!!


 前回の設問の正解は、の「1950年」でした。

nice!(2) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2